TSCP学生委員会とは?

Todai Sustainable Campus Project

2008年に設立されたTSCP室 (現 : 施設部施設企画課TSCPチーム) では、温室効果ガス排出削減による低炭素キャンパスづくりを中心に、様々な施策に取り組んできました。しかし、真のサステイナブルキャンパスの実現には、キャンパスの最大の利用者である学生の参画が必要です。そこで、2015年7月に、TSCP学生委員会 (UTokyo Sustainability) がTSCPチームの下に設立されました。以降、「学生の視点」を取り入れてTSCPを推進するべく、TSCPチームと連携しながらサステイナブルキャンパス活動をしています。

 

私たちは東京大学において、主に3つの活動を展開しています。

laboratory-gbe0751d0a_1280.jpg

大学が保有するキャンパスのエネルギー消費量データの解析を行い、その結果をもとに、省エネに向けた提案や行動をしています。また、東京大学では、エネルギー消費全体のうち化学などの実験系での利用が占める割合が多く、研究と両立したうえで実験装置の省エネを促進するキャンペーンを展開しています。

  

学生のサステイナビリティ意識が向上すれば、サステイナブルなキャンパスを実現する大きな力になります。そこで、学生の意識の実態調査として、在校生を対象とした大規模なSDGs意識調査を、大学の協力を得ながら実施しています。また、SDGsの理解向上を目指したハンドブックを作成し公開しています。

library-g7d7cde512_1280_edited.png
S__196067330.jpg

キャンパスでのサステイナビリティを学ぶ機会を提供するため、年に数回、ワークショップやキャンパスツアーといったイベントを企画・開催しています。また、環境系の学生のみならず、幅広い分野の学部生・院生の参加や、積極的な留学生の受け入れなどにより、多様なバックグラウンドを持つ学生の対話が実現しています。

  

  

 

サステイナブルキャンパスの実現に向けて、私たちと一緒に活動をしませんか?

IMG_6850_edited.jpg
 

送信が完了しました。